資産運用

ソーシャルレンディングのリスクやメリットは?実態を徹底調査!

 

ソーシャルレンディングと聞くと

リスクが高そう、聞いた事ないから信用持てない

利回りが高くて投資するのが怖い、、

ネガティブな印象を持っている方が多いです。

 

実は最近増えている投資法で
運用会社にお金を預けるだけで
数%の利息がもらえるという何ともおいしい話です。

もちろんどんな商品かわからなければ投資をしないし
どんなリスクがあるか理解していないといけません。

仕組の説明とリスク、どんな会社が運用しているのか
詳しく説明していきます。

実際に自身も始めて6か月ですが
損失はなく、配当もらってます!

分散投資を行う中で押さえておきたい投資ですね。

この記事を読む事で

ソーシャルレンディングの全容を知る事で
適切な投資や資産運用に繋げる事が出来ます。

 

ソーシャルレンディングとは

お金を借りたい人や企業とお金を貸したい人や
企業をネットを通じて結びつける金融サービスの事。

  • 利用する会社が銀行から融資を得られない
  • まだ会社としての実績がない
  • 融資の額をもう少し増やしたい

理由があり融資ができない企業等が

ソーシャルレンディングで融資を受ける事が多いのです。

そのため運用会社が融資しても問題ないか審査し、

その審査を通過したものがファンドとして投資できるようになる仕組みです。

 


引用:SBIソーシャルレンディング

 

特徴として

・変動性、流動性が低い

・少額から始められる

・高い利回りで運用できる

・手間がかからない...等々

もちろんメリットだけでなく、デメリットもあります。

メディアでも取り上げられる事もあり

まだまだ発展途上の投資ジャンルといっても良いでしょう。

 

ソーシャルレンディングのメリット

 

  • 少額から始められる

1万円から始める事が出来る為、気軽に始める事が出来ます。

※fundsは1円から投資できるので無駄のない資産運用が可能

その為、始めてみて、手ごたえを感じたら運用資産を増やしていけるので

投資のハードルが低いです。

 

  • 利回りが高い

配当をもらえる他の投資と比較してみると魅力がわかります。

株式投資 約2.5%

REIT   約4~5%

ソーシャルレンディング 約5~10%
→融資する案件によってリスクが変わる為

太陽光、不動産といった利益率の高い物に

投資するからこそ利回りが高いのです。

他にも企業に投資する案件もありますので利回りは幅があります。

 

  • 手間がかからない

一度運用が開始されると期間満了で償還を迎えるまで

何もすることはありません。

預けておくだけでOK! 実に簡単です。

その為融資先を確認し応募するだけで終わりです。

本業で忙しくしている方等時間を効率的に使いたい方へおススメです。

 

ソーシャルレンディングのデメリット

  • 貸し倒れ

→最も懸念される点として融資先の貸し倒れです。

お金を借りた企業が業績悪化等で返済できなくなった際

もちろん投資家にも影響が出てきます。

リスク回避として融資先との間で担保・保証に関する契約を結ぶ事で

貸し倒れのリスクを回避しております。

  • 事業者の倒産リスクがある

一番のリスクとして運営事業者の倒産リスクがあります。

ソーシャルレンディング自体、歴史も浅い為

規模の小さい企業が多く、経営状態が安定しているとは

言えません。

最悪の事を想定し、運営事業者を分けて投資することが大切です。

 

早期償還で予定の利回りを得られない

早期償還とは

償還とは、投資において貸し付けたお金が満期を迎え、お金が戻ってくること。
早期償還とはその満期を迎える前に投資資金が返済されること。

早期で償還されるという事は投資が成功して早期にお金が戻ってくるとも受け取れますね。

ただし、予定していた配当を得られない点はデメリットです。

また投資資金が戻ってきてしまう為、投資機会をロスしてしまいます。

 

運用会社の信用度が低い?

 

2008年から運用が始まり、現在に至るソーシャルレンディング。

過去には行政処分を受ける運用会社が多くあり、信用が得られてなかった事も。。。

行政処分の対象として、適切な運営が出来ておらず、虚偽や誤解を与える表示を行っていたり

ファンドの運用資金をルール通りに管理できておらず、行政処分を受けています。

中にはそのまま摘発されて運用会社としての登録を取り消しになっているケースも。

 

※現在も案件募集を行っているのはクラウドバンクのみ

 

投資者へ損失を出してしまった事もあり2017.8年辺りのイメージは最悪でした。

そんな中、金融庁が2019年3月に融資先の匿名化解除の方針が公表され

融資先の会社が開示できるようなりました。

今まで摘発されていた部分の不透明性改善され

ソーシャルレンディング業界が健全化に向けて動いています。

本当にこの運用会社い任せてよいか?

調べた上で投資を行う事が必要不可欠です。

 

信頼性のある運用会社は?

リスクの方ばかり目が行ってしまうのも仕方ありません。

ただ、結論から言うとソーシャルレンディングの信頼度も上がってきています。

運用実績、企業自体の知名度を含め

おススメするソーシャルレンディング会社を紹介していきます。

 

SBIソーシャルレンディング


引用先:SBIソーシャルレンディング

 

サイト SBIソーシャルレンディング
会社 SBIソーシャルレンディング株式会社
上場 非上場(※ただし、親会社のSBIホールディングス株式会社は
東証一部上場(証券コード:8473))
金融商品取引登録 第二種金融商品取引業
関東財務局長(金商)第2663号
サービス開始 2011年3月
投資金額 1万円
参考利回り 2.5~10%
融資残高 418億円
累計応募額 1394億円
投資家数 54825人

※20201年5月末時点

 

親会社が東証一部上場している為、信頼性は抜群です。

そして応募総額も1394憶で運用している会社としてNO1 の実績です。

安定感がある為、案件の募集が始まると早期募集終了してしまう程人気です。

安定度を求めるならSBIソーシャルレンディングですね!

 

 

クラウドクレジット

クラウドクレジット

 

サイト クラウドクレジット
会社 クラウドクレジット株式会社
上場 非上場
金融商品取引登録 第二種金商品取引業者:関東財務局長(金商)第2809号
サービス開始 2013年1月
投資金額 1万円
参考利回り 4.0~12.1% ※2020年1月1日~2020年6月30日の販売実績
累計応募額 300憶円以上 ※2020年6月時点
投資期間 7カ月~31カ月程度 (案件によって期間は変わる)

 

クラウドクレジットは海外の資金需要者へ投資を行うソーシャルレンディングの会社です。

主に社会的インパクト投資をメインで行っております。
⇒社会問題の解決に対して取り組む企業へ投資を行い、経済的・社会的なリターンの両立を目指す投資手法の事です。

その為SDGs達成に向けても積極的に寄与するファンドを立ち上げ社会貢献を行いつつ、投資のリターンを求めていくスタイルを確立しています。

もっとも魅力的なのは高い利回りです。

リスクも発生しますが預けておくだけで10%の利回りを貰えるのは非常に優秀な投資先と言えますね。

詳しくはこちらから☟

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 

クラウドバンク

 

サイト クラウドバンク
会社 日本クラウド証券株式会社
上場 非上場
金融商品取引登録 第一種・第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第115号
サービス開始 2013年12月
投資金額 1万円
参考利回り 7.09% ※ 2020年3月末までの3年間に運用終了したファンド実績値
累計応募額 971憶円以上
ユーザー利用数 53万件以上
融資元本回収率 100%

※2020年6月時点

累計応募総額が900憶を超え、業界でも2番目に規模が大きい会社です。

驚くべきなのはサービス開始の2014年以降

元本回収率が100%で貸し倒れが発生してない事です。

融資よりも高い評価額の担保を設定しているので

融資先から回収が無くても担保で回収できるようにしてます。

複数運用する中で候補の一つで入れて問題ないです。

 

Funds

サイト funds
運用会社 ファンズ株式会社(旧:株式会社クラウドポート)
上場 非上場
サービス開始 2019年1月
投資金額 1円から
参考利回り 1.5~6.0%(平均利回りは3%前後)
投資期間 4カ月~12カ月程度 (案件によって期間は変わる)

 

 

Fundsはお金を借りたい企業と資産運用したい人を結ぶ【貸付投資サービス】とい新たな仕組の企業です。

応募する案件では大阪王将や実際の企業を見て判断できる為投資家から非常に人気が高いのも特徴です。

まだまだサービスが開始されて1年半程度なので今後の期待もこめて選びました。

投資額は1円から始められる為、少額で試してみたい初心者の方におススメです。

 

 

まとめ

ソーシャルレンディングとは

お金を借りたい人や企業とお金を貸したい人や
企業をネットを通じて結びつける金融サービスの事

メリット

  1. 少額から始められる
  2. 利回りが高い
  3. 手間がかからない

デメリット

  1. 貸し倒れのリスクがある
  2. 事業者の倒産リスクがある
  3. 早期償還で予定通りの利回りを得られない

 

おススメの会社は?

    1. SBIソーシャルレンディング
      →業界NO1の実績!豊富な案件数が魅力的
    2. 【クラウドクレジット】
      →高い利回りを実現!!
    3. クラウドバンク
      →貸し倒れ発生0!安定の運用体制
    4. funds
      →厳しい審査基準で貸し付け!次世代のソーシャルレンディング

 

資産を分散して投資していく一つの方法として紹介させていただきました。

貯金しているお金→ソーシャルレンディングに預けるだけで配当がもらえます。

リスクとメリットを理解した上で投資の参考になれば幸いです。

 

最後にポチっとお願いします( ゚Д゚)
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

ポン

兼業投資家。 社畜で今後の人生を歩むのに嫌気がさし、投資を始めました。 投資や副業を通じて副収入を得て人生を豊かにしていく為の方法を発信していきます。 一児(男の子)のパパで休日はトーマスごっこをして遊ぶのが至福の時間です。

-資産運用

© 2021 サラリーマンが始める 副収入の作り方 Powered by AFFINGER5